不登校新聞

427号 2016/2/1

不登校の重い「空気」を伝える小説「少年と午前二時」

2016年01月29日 17:46 by kito-shin


ひといき

 いま僕がハマっているもの、それは小説です。どの小説かというと、ズバリ、本紙で連載中の「少年と午前二時」です。
 
 手前味噌なのは承知の上です。でも僕は作者の天埜裕文さんとはお会いしたことがないので、純粋に読者として読んでいます。みなさん、これおもしろいですよ!
 
 天埜さんは2008年にすばる文学賞を取られたという、プロの小説家なんですね。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...