不登校新聞

427号 2016/2/1

不登校の重い「空気」を伝える小説「少年と午前二時」

2016年01月29日 17:46 by kito-shin


ひといき

 いま僕がハマっているもの、それは小説です。どの小説かというと、ズバリ、本紙で連載中の「少年と午前二時」です。
 
 手前味噌なのは承知の上です。でも僕は作者の天埜裕文さんとはお会いしたことがないので、純粋に読者として読んでいます。みなさん、これおもしろいですよ!
 
 天埜さんは2008年にすばる文学賞を取られたという、プロの小説家なんですね。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

遠藤まめたのエッセイ「するっと道が開けるとき」

486号 2018/7/15

法案つくるも議連なし 不登校の歴史vol.486

486号 2018/7/15

かがり火

486号 2018/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...

485号 2018/7/1

不登校の未来を見据えた際になにが必要か。「子どもと学校制度のミスマッチをど...

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...