不登校新聞

427号 2016/2/1

不登校50年、今夏、文科省が節目の発表へ

2016年02月15日 17:22 by kito-shin




1966年、「学校嫌い(現・不登校)」を理由に年間50日以上欠席した児童生徒が1万6716人いることが文科省から発表された。以来、文科省は、毎年、調査結果を発表。この50年間で累計300万人以上が不登校をしたことがわかった。

不登校についてもっとも古い研究はアデレイド・M・ジョンソンらが1941年に発表した「学校恐怖症(School Phobia)」。診療所に来所した8人の子どものケースを紹介し、不登校にまつわる研究において、世界的な影響を与えた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...