不登校新聞

428号 2016/2/15

不登校を経験しても、わが子の気持ちは解らない【手記】

2016年02月12日 17:53 by kito-shin



 私自身、不登校経験者ですが、2人の子どもが「行きたくない」と言ったとき、その気持ちをどう受けとめていいかわかりませんでした。
 
 現在小学3年生の長男は、1年の1学期から「行きたくない」と言って泣き叫ぶことがあり、夏休み明けのようすをみて私は「これ以上は無理強いできない」と思いました。どんな理由があろうと、子どもが泣き叫ぶところに連れて行くのは「しちゃいけない」と思っていました。ただ、学校から不登校の理由を聞かれるたびに困りました。本人に聞くと、最初は「わからない」でした。だんだんと言うようになった理由が「夏休みが長くてダラけちゃったから」。それだけ? 何度聞いても決まったことしか言ってくれないし、少ない言葉にとまどいました。1学期も「行きたくない」と言ってたし、給食も白ご飯と牛乳しか口にできないし、おしっこも漏らしてきちゃうし……。私から見ると、学校になじむようにがんばっていて、疲れてしまったように見えました。
 

とてもいい環境なのに…

 
 2歳ちがいの次男が入学するときは、学校の雰囲気がガラリとゆるやかなものに変わりました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...

471号 2017/12/1

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(著...

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...