不登校新聞

428号 2016/2/15

ひきこもり時給2000円 スーツを着て働く生き方に思う

2016年02月10日 18:03 by kito-shin


連載「ひきこもり時給2000円」vol.22


 先日、母に言われた言葉がある。「あの日、面接に行く圭太の背中が、小さく見えたんだよね」。「あの日」とは、もう19年も前。僕が大学生当時の就職活動の話だ。
 
 ぼんやりとマスコミらしきものを志望していた僕は、縁あって名古屋にあるテレビ局の面接を受けることになった。さあこれから出発となって身支度を整えたときに、家を出る僕の背中が、母の目には小さく見えた。その日、同じことを僕にも告げたらしい。僕は覚えてないけど。母は「なんで私はあのとき、あんなことを口にしてしまったのだろう……」と、その日のことをいたく後悔していたけれど、僕はそう言われても、腹が立ったりとかはとくにしなかった。むしろ「ああ、そうか」と、その言葉に心から納得したぐらいだ。なぜなら、当時の僕も母とまったく同じことを考えていたから。
 
 僕が就職活動をした1997年の6月。鏡に映ったリクルートスーツ姿の自分を見て、僕はあるひとつのことに気づいた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

姉として何ができる? きょうだいが不登校になったとき【不登校当事者手記】

484号 2018/6/15

学校に行かないってどんなこと?【不登校経験者・親の講演抄録】

484号 2018/6/15

私の生きづらさと孤立感【子ども若者編集部コラム】

484号 2018/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...

483号 2018/6/1

学校で「これがイヤだった」という明確な理由はないんです。ただ、小さな「イヤ...

482号 2018/5/15

かたくなに精神科に行くことを拒んでいた私が、みずから行こうと思ったのは、自...