不登校新聞

428号 2016/2/15

私と親との関係、一番うれしかったことと一番イヤだったこと

2016年02月12日 14:15 by kito-shin


 こんにちは。私は中学2年生から不登校になって、今は28歳になります。今回は私が不登校していたときに感じた、親にされて苦しかったことや、うれしかったことをランキング形式で紹介しようと思います。
 
 ではまず私が苦しかったこと第3位、「きょうだいの功績を喜ぶ!」です。これは親としてしょうがないことなのかもしれませんが、同じ親から生まれたきょうだいのよいところを、落ちぶれた私の目の前で何度も喜ばれるのはキツいです。せめて私のいない場所でしてほしかったです。
 
 続いて第2位、「無理やり大学に行かされた!」です。20歳のころ、親が勝手に大学のパンフレットを取り寄せ、親の勧めのままに受験することになりました。私は乗り気ではなかったのですが、「サークル活動、楽しいよ。入試の作文も手伝うから」と誘惑されました。結果合格したのですが、入学から2週間で体も心もダメになり、退学しました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子への「プリントお届け問題」届ける側から届けられる側になった私【当事者手記】

476号 2018/2/15

「学校のプリントお届け」つらかった?うれしかった?不登校当事者の本音は

476号 2018/2/15

不登校の僕が望んだのは「理由を聞くこと」ではありません【不登校経験者に聞く】

476号 2018/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

476号 2018/2/15

担任も「お前、いじめられているんじゃないか」としょっちゅう聞いてくるんです...

475号 2018/2/1

今回取材した不登校経験者は、小学2年生から中学2年生まで不登校だった17歳...

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...