不登校新聞

301号(2010.11.1)

当事者手記 一日一日をていねいに

2013年12月20日 15:33 by kito-shin


 私が不登校になったのは中学2年の秋で、それから高校に1カ月通ってみて「ここはちがう」と感じ辞めてから、10年以上家ですごしてきました。
 
 4年前の夏にかわいがっていた愛犬が亡くなり、悲しみで落ち込んでいた私は何かしなくては、と焦り、自動車教習所に通い始めました。不登校をしてからほとんど家ですごしてきたので、教習所通いは想像以上に疲れるものでした。無事に免許は取れましたが体調を崩し、その後の歯科治療をきっかけに「多種類化学物質過敏症」を発症してしまいました。
 

 化学物質過敏症

 
 この病気は、自律神経の異常によるもので、ごく微量の化学物質でも感じとり具合が悪くなってしまう病気です。症状は人それぞれですが、私の場合、ニオイに非常に敏感になり、歯みがき粉などでも口の中が腫れ、蚊取り線香を使えば気が遠くなるほど胃が痛くなり、漂白剤、防虫剤など身のまわりにある物で具合が悪くなって、食べ物や水でも苦しくなるのでほとんど食べられなくなってしまったりと、本当にさまざまなことが起こりました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校を機に「自分が嫌いになった」17歳がぶつかった理想と現実

562号 2021/9/15

自分の性別にずっと違和感が。性同一性障害に出会うまで

561号 2021/9/1

23歳で高校を卒業した僕。社会の学歴の「当たり前」に感じた疑問

561号 2021/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...

561号 2021/9/1

2021年8月21日 NPO法人全国不登校新聞社は子どもにかかわるすべての...

560号 2021/8/15

娘が夏休み明けに突然の不登校。娘のペースを大事にしたいと思いながらも揺れて...