不登校新聞

301号(2010.11.1)

当事者手記 一日一日をていねいに

2013年12月20日 15:33 by kito-shin


 私が不登校になったのは中学2年の秋で、それから高校に1カ月通ってみて「ここはちがう」と感じ辞めてから、10年以上家ですごしてきました。
 
 4年前の夏にかわいがっていた愛犬が亡くなり、悲しみで落ち込んでいた私は何かしなくては、と焦り、自動車教習所に通い始めました。不登校をしてからほとんど家ですごしてきたので、教習所通いは想像以上に疲れるものでした。無事に免許は取れましたが体調を崩し、その後の歯科治療をきっかけに「多種類化学物質過敏症」を発症してしまいました。
 

 化学物質過敏症

 
 この病気は、自律神経の異常によるもので、ごく微量の化学物質でも感じとり具合が悪くなってしまう病気です。症状は人それぞれですが、私の場合、ニオイに非常に敏感になり、歯みがき粉などでも口の中が腫れ、蚊取り線香を使えば気が遠くなるほど胃が痛くなり、漂白剤、防虫剤など身のまわりにある物で具合が悪くなって、食べ物や水でも苦しくなるのでほとんど食べられなくなってしまったりと、本当にさまざまなことが起こりました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小6の私の心に突き刺さったのは、担任からの思いがけない言葉

552号 2021/4/15

他人の目を恐れてた中学生の自分に28歳になった今伝えたいこと

552号 2021/4/15

期待を抱いていた中学校生活で私を待ち受けていたのは

551号 2021/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...