不登校新聞

429号 2016/3/1

震災のなかで不登校の子たちは

2016年02月26日 18:49 by kito-shin


かがり火

 2011年3月11日。忘れられない、忘れてはならないあの日。東日本大震災による巨大な破壊に直面した日。まもなく満5年を迎える。

 あの日、2万人の方が命を落としたが、その後も、家や田畑は奪われたまま、原発事故が暮らしを根こそぎ奪ったままの状態が続いている。東北を訪れるたびに、この間をよくぞ生きてこられた、と思う。

 不登校の子どもたちは、震災のなかでどうしていただろう。ひきこもりで逃げようとせずに亡くなった話、仮設住宅のため休めなかった話、避難先の祖父母宅で、不登校や不規則な生活リズムを強く叱責され、被災地へ戻ってきた話も聞いた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

548号 2021/2/15

森の喫茶店 第548号

548号 2021/2/15

森の喫茶店 第547号

547号 2021/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...