不登校新聞

301号(2010.11.1)

書評・芹沢俊介さん新刊

2013年06月10日 16:16 by kito-shin


 ひきこもり、親子問題、少年事件などに鋭い指摘を投げかける芹沢俊介さんの本が2冊、発刊された。
 
 まずは芹沢さんの単著『「存在論的ひきこもり」論』(雲母書房)。本書は、98年斎藤環が発表した「社会的ひきこもり論」を論破し、その「当事者不在」さ、不完全さを指摘。そして「存在論的ひきこもり」論がいかにして構築できるかを説いた。本書のなかで触れられる「子どもは誰かといっしょのときにひとりになれる」「『する自分』は『ある自分』のうえに成り立つ」「イノセンス」など、著者を代表する理論は、いま、ひきこもりを考えるうえではずせない原理原則だ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

伝説の娼婦「ヨコハマメリー」【映画評】

195号(2006.6.1)

まんじゅうプロブレムが怖すぎる “今のPTA問題”をまとめた一冊

494号 2018/11/15

“「いじめ」と「いじり」の違いは?” 書評

208号 2006/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...