不登校新聞

430号 2016/3/15

かがり火 多田元

2016年03月11日 11:53 by kito-shin


 2月に筆者の狭い事務所の相談室に、母と80歳の祖父に伴われて、高校3年生の男子生徒が相談にやってきた。彼とは14年ぶりの再会になる。礼儀正しく緊張して祖父の後ろに立っている彼を、14年前の4歳の幼い面影をさがすように見上げると不思議な気持ちになる。

 14年前、彼はDVの父親の虐待を受けていた。幼い彼の目の前でくりかえされる父親の母に対する暴力と母の悲鳴におびえ、突然父親に殴り蹴りされる恐怖にさらされる毎日だった。母と祖父の相談を受け、児童相談所の援助により母子を保護し、母の代理人として父親に対して離婚の訴えを提起して離婚の判決を得た。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...