不登校新聞

430号 2016/3/15

ひきこもり時給2000円 ひきこもっていた僕の“救い”になった一冊

2016年03月11日 12:15 by kito-shin


連載「ひきこもり時給2000円」vol.24


 もしその本に出会うことがなかったら、僕はいったいどうなっていたのだろう?
 
 ノンフィクション作家である柳田邦男さんの『犠牲(サクリファイス)わが息子・脳死の11日』。この本は僕にとって、とても思い入れのある1冊だ。昨年11月の「NEWS23」のひきこもり特集に出演したときに、僕が1冊の本を手にしているシーンがあったのを覚えている人もいるかもしれない。あのとき手にしていたのが、まさにこの本。柳田さんの次男の洋二郎さん(享年25)が、長い精神の病の末、自殺を試み、脳死状態を経て亡くなる最後の11日間を綴ったものだ。
 
 この本に出会ったのは1998年の4月。場所は通っていた大学近くの本屋。当時の僕は、大学生活に行き詰まりを感じ、いま思えばうつ状態の中で日々をすごしていた。当時、この本についての知識は、ほぼまったくと言ってよいほどなし。しかし、本屋でこの本を偶然手に取ったとき、僕は、「これは買わなければならない本だ」と直感した。不思議なことだが、本の表紙がほんのり光って見えた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「答え」は「どこか」でなく「ここ」にある ひきこもり時給2000円最終回

448号 2016/12/15

今だから話せるコト~一番つらい時期になぜ死にたくなったのか ひきこもり時給2000円

447号 2016/12/1

母に直接聞いてみた~僕がひきこもっているときに何を考えてた?

446号 2016/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...