不登校新聞

430号 2016/3/15

書籍紹介 不登校におけるタブー中のタブーは…

2016年03月11日 13:11 by koguma



 不登校でいちばんつらいのは子ども自身です。とはいえ、親には親の、祖父母には祖父母のつらさもあるわけです。「うちの子は何を考えているんだろう」「学校に行かなくても将来は大丈夫なのか」など、不安は尽きません。「子どもをどう支えればいいのか」という具体的な悩みもあるかと思います。
 
 そんなとき、本書を手に取っていただけたらと思います。今年1月に出版されたばかりの新刊で、三重県にあるフリースクール「三重シューレ」にかかわった3人の子どもたちの話が載っています。
 
 不登校のきっかけに始まり、「もっともつらかった時期にどんなことを考えていたのか」「周囲の対応でうれしかったこと、つらかったことは何か」など、不登校の子どもの気持ちと経験が詰まった1冊になっています。
 
 本書に登場するソウシ君は小学生のときに不登校になりました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

552号 2021/4/15

森の喫茶店 第552号

552号 2021/4/15

ひといき

551号 2021/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...