新学期を控えた今、親子ともども、心がソワソワする時期です。節目だからか、「4月から学校に行くよ」なんて声が子どもからしばしば聞かれます。「無理はしないで」と思いつつも、親の期待感はつい膨らんでしまいがち。すぐさま担任に電話してみたり、「しばらく袖を通してないから」と学生服を新調したり。そこまではいかなくても、わが子を見る目が緩んでしまうもの。しかし、そうした親の機微、子どもは見逃しません。
 
 この場合、あえて一呼吸おくことをおすすめします。子どもは「学校に行かなきゃ」と1年中思っています。同時に「学校に行ってほしい」という親の願いも感じ取っています。「4月から学校に行く」という決意表明は、子どもが自分の思いと親の願いの狭間で絞り出したギリギリの一言かもしれません。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。