不登校新聞

430号 2016/3/15

「4月から学校行くよ」と子どもに言われたときの3つの心構え

2016年03月11日 17:06 by kito-shin


 新学期を控えた今、親子ともども、心がソワソワする時期です。節目だからか、「4月から学校に行くよ」なんて声が子どもからしばしば聞かれます。「無理はしないで」と思いつつも、親の期待感はつい膨らんでしまいがち。すぐさま担任に電話してみたり、「しばらく袖を通してないから」と学生服を新調したり。そこまではいかなくても、わが子を見る目が緩んでしまうもの。しかし、そうした親の機微、子どもは見逃しません。
 
 この場合、あえて一呼吸おくことをおすすめします。子どもは「学校に行かなきゃ」と1年中思っています。同時に「学校に行ってほしい」という親の願いも感じ取っています。「4月から学校に行く」という決意表明は、子どもが自分の思いと親の願いの狭間で絞り出したギリギリの一言かもしれません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

困った子? 困っている子? 親の見方で変わる子どものその後

466号 2017/9/15

不登校で焦る息子を救った父の一言

464号 2017/8/15

不登校から見た通信制大学のメリット・デメリット

464号 2017/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...