不登校新聞

364号(2013.6.15)

第20回 自閉症スペクトラムとは

2013年12月25日 14:37 by kito-shin

連載「子ども若者に関する精神医学の基礎」


 カナーは、「幼児早期分裂病」から出発して、自閉症を病気だと考えました。これに対し、アスペルガーは「子どもの発達」という視点から出発しました。
 
 幼児期の子どもは、自分勝手な言葉遊びや不思議な遊びにしばしば興じます。こうした「自分だけの独自な世界」にこもっているように見える傾向は、年齢が上がるともに減っていきます。しかし、なかにはずっと引きずる子どももいます。アスペルガーはこの点に着目し、自閉的な傾向を、発達の偏り(正常発達の一亜系)と考えたのです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...