不登校新聞

364号(2013.6.15)

第11回「30歳の覚悟」

2014年02月13日 15:45 by kito-shin


◎連載「ひきこもるキモチ」

 元ひきこもりが、とうとう一度も就職せずに三十路になってしまった。三十路になる10分前から、覚悟はしてたのに、焦りと不安から吐き気がして冷汗が出てきた。3日前にちょっと無理をして耳管開放症になったのもそれを助長させる。
 
 ひきこもっていたとき、30歳になることは廃人になることだと思っていた。考えるだけでも気が狂いそうな、つまり、『終わり』を意味していた。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...