不登校新聞

364号(2013.6.15)

言われてつらかった一言

2013年07月19日 10:52 by kito-shin

~子ども若者編集部企画~




どんな言葉や場面で当事者は傷つくのか


 不登校のさなか、子どもたちは周囲からのどんな言葉に傷つき、またどんな言葉で心が軽くなるのか。5月の編集会議ではこのテーマについて話し合った。その際、重視したのは、シチュエーションと関係性だ。たとえば、「がんばれ」という言葉は、それによって、子どもを傷つけもすれば、後押しすることもある。つまり、マニュアルのようには扱えないのだ。とはいえ、子どもからすると「それを言っちゃおしまいよ」という一言は、たしかに存在する。そこで、今回は「言われてつらかった一言」をエピソードとともに紹介する。また、次号は「言われてうれしかった一言(言われたかった一言)」を紹介する。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...