不登校新聞

364号(2013.6.15)

言われてつらかった一言

2013年07月19日 10:52 by kito-shin

~子ども若者編集部企画~




どんな言葉や場面で当事者は傷つくのか


 不登校のさなか、子どもたちは周囲からのどんな言葉に傷つき、またどんな言葉で心が軽くなるのか。5月の編集会議ではこのテーマについて話し合った。その際、重視したのは、シチュエーションと関係性だ。たとえば、「がんばれ」という言葉は、それによって、子どもを傷つけもすれば、後押しすることもある。つまり、マニュアルのようには扱えないのだ。とはいえ、子どもからすると「それを言っちゃおしまいよ」という一言は、たしかに存在する。そこで、今回は「言われてつらかった一言」をエピソードとともに紹介する。また、次号は「言われてうれしかった一言(言われたかった一言)」を紹介する。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...