不登校新聞

364号(2013.6.15)

ひといき

2013年08月06日 14:25 by kito-shin
2013年08月06日 14:25 by kito-shin


 買い物がてら新宿をうろついていて、ふと目にとまった「父の日フェア」の文字。母の日は子どものころから幼稚園でも、折り紙でカーネーションをつくり、感謝の言葉をそえてプレゼントしたものだけど、父の日に関しての記憶があまりない。
 
 例年、この話になると、まわりで聞いていても、やはり父の日の立場は劣勢模様。世のお父さんは、よくもまあ毎日朝から晩まで働くものだと、感心はするのに、この扱いの差はちょっと物悲しい。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…