不登校新聞

364号(2013.6.15)

講演会「親にできることは?」内田良子さん

2013年12月20日 18:02 by kito-shin


 7月6日、島根県松江市にて講演会「いじめ・不登校・ひきこもり~親にできることは?」が開催される。主催は松江不登校を考える会「カタクリの会」。講師には、心理カウンセラーで、子ども相談室「モモの部屋」の主宰を務める内田良子さんが招かれる。
 
 内田さんは1973年より、東京都内の保健所や病院などで心理相談員やNHKラジオ「子どもの心相談」のアドバイザーなどを務めてきた。著書『登園しぶり登校しぶり』(09年・ジャパンマシニスト)、『カウンセラー良子さんの幼い子のくらしとこころQ&A』(05年・同)などの執筆に加え、全国の親の会などで講演活動を続けている。
 
 「カタクリの会」は、不登校やひきこもりの子どもを持つ親が集う場だ。不登校・ひきこもり経験者の話を聞いたり、親が自らの思いを語り、またほかの親の話を聞くことで、たがいに考えあう活動を23年間続けてきた。講演会当日は、「親にできること」を主たるテーマに、講演と講師を交えての懇談が予定されている。

■イベント情報
日 時 7月6日(土)
     午後6時半~午後8時
会 場 松江スティックビル2階(島根)
講 師 内田良子さん(心理カウンセラー)
参加費 500円
主 催 松江不登校を考える会「カタクリの会」
連絡先 0852-26-5286

※松江不登校を考える会『カタクリの会』
連絡先 (TEL)0852-26-5286(夜・FAX兼)
    (メール)ago123(アットマーク)mable.ne.jp
H P http://www.freedas.org/

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...