不登校新聞

431号 2016/4/1

かがり火 森英俊

2016年03月28日 11:55 by kito-shin


 歳を重ねると若いころとはちがったことが気がかりになってくるものだ。自分の子どもや孫たちのことだけでなく、地域の過疎のことや、日本人や人類の将来のことまで思いを馳せたりする。

 このままの状態でヒトは生き残っていけるのであろうか。地球はどう変化していくのだろうか。けっして今のままの地球環境のままでは存続しないであろう。もしヒトが地球で生き残れるとしたら、どこかで適応できる者と、うまく適応できない者が選別されていくのではないか。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...