不登校新聞

431号 2016/4/1

書籍紹介 自閉症の息子とシングルファザーの18年

2016年03月28日 16:00 by koguma



 ごくふつうのサラリーマンだった父・新保浩さんと自閉症の息子・りょうま君の18年間をつづった1冊をご紹介します。
 
 りょうま君は3歳のとき、自閉症と精神発達遅滞があると診断されました。その後、シングルファザーとなった新保さんは仕事と子育てに奔走する日々のなかで、「そよ風の手紙」というホームページを立ち上げます。同じ自閉症の子どもを持つ親などから大きな反響があり、2013年3月に閉鎖されるまでの12年間で60万以上のアクセスを集めました。
 
 こういう本を読むたび、「経験者の語りから得る学びって特別だな」って、いつも思うんです。
 
 不安を抱く親を下支えするものには大別して2つあると思います。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...