不登校新聞

431号 2016/4/1

ひきこもり時給2000円 履歴書も面接も要らない就職のやり方

2016年04月04日 11:09 by kito-shin


連載「ひきこもり時給2000円」vol.25


 物事というのは、ちょっと不思議だ。うまくいくときはこちらが拍子抜けするくらいうまく進むし、うまくいかないときは、何をどうやっても前に転がらない。僕が仕事に就く過程をふり返ってみると、つくづくそうなんだな、と感じる。
 
 ひきこもりの生活から抜け出して、僕が最初に仕事に就いたのは、30歳を少し超えたころだった。「今度、ここの仕事を辞める人が出るんだけど、もしよかったら圭太君、受けてみない?」。そう言われて、わりと軽い気持ちで受けてしまった。「まあ嫌じゃないし、別にいいかな……」みたいな感じで。じつのところ、それがどんな仕事なのかよくわかっていなかった。別にやりたかった仕事というわけでもまったくない。でも流れに押されるかたちで、あれよあれよで面接の席についていた。
 
 その次の仕事に就くとき、僕は履歴書を出さなかった。出すことを拒んだわけではない。とくに先方から求められなかったし、そもそもその必要がなかったのだ。「いまの仕事は週3でしょ。どうせ時間があいてるんだったら、ウチの仕事、手伝わない?」。ただそれだけ。彼らは僕のことをよく知っていたし、僕も彼らのことを知っていた。履歴書に書いてある以上のことは先刻承知済みだった。だから、履歴書を出す必要がない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「答え」は「どこか」でなく「ここ」にある ひきこもり時給2000円最終回

448号 2016/12/15

今だから話せるコト~一番つらい時期になぜ死にたくなったのか ひきこもり時給2000円

447号 2016/12/1

母に直接聞いてみた~僕がひきこもっているときに何を考えてた?

446号 2016/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...