文科省は学校基本調査速報で今春、4年制大学を卒業した学生56万人のうち約6%に当たる3万3000人が進学も就職の準備もしない「新卒ニート」だったことを発表した。しかし、文科省が調査したのは大卒者8万人のみで、中高生、もしくは大学院生などの卒業生は対象外となっている。中学生以上で卒業と同時に「進学も就職もしない者」は全部で約19万人。本紙取材に対し、文科省は「大卒者以外の新卒ニートは今後も調査する予定はない」と言う。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。