不登校新聞

316号(2011.6.15)

“青少年オープンカレッジ”開催

2013年06月18日 11:57 by kito-shin
2013年06月18日 11:57 by kito-shin

不登校、ひきこもり、児童福祉など テーマに


 6月19日(日)、25日(土)、26日(日)の3日間に渡って、神奈川県横浜市にて「青少年オープンカレッジ」が開催される。「不登校」「ひきこもり」「子どもの福祉」の3テーマに特化した7つの講座が行なわれる。

 25日に行なわれる講座では自身、不登校、ひきこもり経験がある丸山康彦さんが講師として登壇。不登校をしてから学校復帰するまでの心理状態とはどのようなものだったのか。その後のひきこもりを経て、どのように発想を転換していったのか。実体験をもとに、北村るみ子さん(ひきこもり関係の会の世話人)や加藤誠之さん(高知大学准教授)などと講義を行なう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…