不登校新聞

432号 2016/4/15

“支援ではなく暴力” ひきこもり経験者らがテレビ朝日に異議

2016年04月11日 13:04 by kito-shin


 ひきこもりを特集したテレビ朝日の番組に対し、「放映されたのは『ひきこもり支援』ではなく暴力だ」とし、ひきこもり経験者や精神科医・斎藤環氏らが4月4日、緊急記者会見を開いて異議を唱えた。

 問題となった番組は3月21日に放送された「ビートたけしのTVタックル」。親の依頼を受けたひきこもり支援団体が、当事者に対し、怒鳴りつけ、ドアを破壊して恐喝し、団体が経営する建物に連れていく場面などが放送された。
 
 斎藤環氏はこうした行為は「支援という名の暴力だ」とし、仮に本人が精神障害を抱えていた場合、後遺症が心配されるなど「精神医学上の問題もある」などと指摘した。斎藤氏によれば、暴力とは「個人の私的領域、すなわち身体、心、尊厳、プライバシー、居住空間などを同意なしに侵犯すること」。暴力行為を伴う「支援行為」について「有効性が見られるものもあるだろうが、だからといって暴力は肯定されるべきではない」と指摘する。望月宣武弁護士は、自室に無断で立ちいる行為は、たとえ親の同意があり、自宅が親の所有物であっても「住居侵入罪の可能性がある」と指摘。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...