不登校新聞

432号 2016/4/15

書籍紹介 「受けとめる」ってどういう意味?

2016年04月12日 11:48 by kito-shin


 今号でご紹介した「よるべなさ」と「受けとめ手」について、もうちょっと知りたいという方に読んでほしい1冊です。私が注目したのは、「『育てる』の核心は『差し出し・受けとめる』だ」という指摘です。
 
 ただ、この「受けとめる」という言葉に困惑された親の方も多いんじゃないでしょうか。いつ、どのように、どこまで親は受けとめればいいのか、などと悩まれた方は少なくないと思います。
 
 この場合、指摘の前半部分の「差し出し」という部分が一つのキモになると感じました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「お子さんと関わってください」担任の先生に言われたときに読む本

498号 2019/1/15

いよいよ本格的議論 不登校の歴史vol.498

498号 2019/1/15

なぜか二男がけん玉をくれました

498号 2019/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...

497号 2019/1/1

過去最多を更新した不登校と児童虐待。子どもたちを取り巻く状況にどんな変化が...

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...