不登校新聞

432号 2016/4/15

書籍紹介 「受けとめる」ってどういう意味?

2016年04月12日 11:48 by kito-shin


 今号でご紹介した「よるべなさ」と「受けとめ手」について、もうちょっと知りたいという方に読んでほしい1冊です。私が注目したのは、「『育てる』の核心は『差し出し・受けとめる』だ」という指摘です。
 
 ただ、この「受けとめる」という言葉に困惑された親の方も多いんじゃないでしょうか。いつ、どのように、どこまで親は受けとめればいいのか、などと悩まれた方は少なくないと思います。
 
 この場合、指摘の前半部分の「差し出し」という部分が一つのキモになると感じました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

552号 2021/4/15

森の喫茶店 第552号

552号 2021/4/15

ひといき

551号 2021/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...