不登校新聞

317号(2011.7.1)

名古屋地裁  “いじめの傷”重く認定

2013年06月18日 14:21 by kito-shin

名古屋地裁 "当事者視点”の判決 "いじめの傷”重く認定


 中学時代のいじめが原因で解離性同一性障害などと診断され、2006年に自殺した高橋美桜子さん(当時16歳)の母親が「自殺の原因は中学校の不適切な対応にある」として損害賠償を求めていた訴訟の第1審判決が5月20日、名古屋地裁であった。

 判決では、原告の訴えをほぼ認め、被告である学校法人市邨学園らに1491万円の支払いを命じた。



この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

自傷行為の手当の方法や相談先を集約したリーフレットを医師らが無料公開

578号 2022/5/15

学校とのやりとりで困った保護者は9割、親の声から生まれた学校への依頼文が公開中

577号 2022/5/1

2021年の小中高生の自殺は473人 過去2番目の多さに厚労省「強い危機感」

576号 2022/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...

577号 2022/5/1

項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「...

576号 2022/4/15

子育ての話題では、お父さんがどうしても置いてきぼりになりがちです。夫婦です...