不登校新聞

317号(2011.7.1)

名古屋地裁  “いじめの傷”重く認定

2013年06月18日 14:21 by kito-shin
2013年06月18日 14:21 by kito-shin

名古屋地裁 "当事者視点”の判決 "いじめの傷”重く認定


 中学時代のいじめが原因で解離性同一性障害などと診断され、2006年に自殺した高橋美桜子さん(当時16歳)の母親が「自殺の原因は中学校の不適切な対応にある」として損害賠償を求めていた訴訟の第1審判決が5月20日、名古屋地裁であった。

 判決では、原告の訴えをほぼ認め、被告である学校法人市邨学園らに1491万円の支払いを命じた。



この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめ・教員を理由とした不登校 教員と子どもの認識に数十倍の開き【全文公開】

592号 2022/12/15

【速報】「超党派多様な学びを創る議員連盟」発足 学校外の学びの支援拡充へ

591号 2022/12/1

【全文公開】不登校が過去最多の24万人超 最新の調査結果から読み解く不登校の現状

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…