不登校新聞

317号(2011.7.1)

名古屋地裁  “いじめの傷”重く認定

2013年06月18日 14:21 by kito-shin
2013年06月18日 14:21 by kito-shin

名古屋地裁 "当事者視点”の判決 "いじめの傷”重く認定


 中学時代のいじめが原因で解離性同一性障害などと診断され、2006年に自殺した高橋美桜子さん(当時16歳)の母親が「自殺の原因は中学校の不適切な対応にある」として損害賠償を求めていた訴訟の第1審判決が5月20日、名古屋地裁であった。

 判決では、原告の訴えをほぼ認め、被告である学校法人市邨学園らに1491万円の支払いを命じた。



この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールに通う不登校家庭に都が年最大12万円支給 調査協力を条件に

582号 2022/7/15

不登校対応はどう変わるか 最新の有識者会議報告書の要点を本紙記者が解説

582号 2022/7/15

「同じ立場の仲間に出会える」不登校の親専用コミュニティ 会員募集中

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…