不登校新聞

317号(2011.7.1)

子どもと育つ10の質問 第2回

2013年08月05日 14:03 by kito-shin

その体験、子どもにとって多すぎませんか




 体験の消化能力は、子ども一人ひとり、少しずつちがいます。年齢によっても、変化していきます。
 
 だから、小学校の授業は、1年生のころは少なくて、だんだん増えていくのです。お隣のAちゃんは、習い事を3つもしたり、生活リズムがたびたび変化していても平気かもしれませんが、わが子は、たとえ同い年でも、ちがうかもしれませんよ。
 
 体験の消化不良になっていないか、下痢を起こしていないか、子どものようすをよく見てみてください。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

571号 2022/2/1

「不登校の子を持つ、親御さんの味方でありたい」と語る土橋優平さん(NPO法...

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...