不登校新聞

317号(2011.7.1)

声「いい記事でした」

2013年07月30日 12:28 by kito-shin
2013年07月30日 12:28 by kito-shin

 連載「メンヘル時代の居場所論」、とてもよい記事だと思いました。読んでみて、何かとても新しいものに触れているような感覚も私は抱きました。
 
 自分自身が、高校、大学へと進学し、それからまぁ……ニートになってしまったというか、もやもやとしたものを抱えながら10年ほど医学生になることを試みました。父が整形外科、母が精神科の医師だったのですね。

 彼女が中学を卒業して経験した感覚は、私が青森にある弘前大学の農学部を卒業したころに経験した個人的な経験と重なるものがあるのかもしれないと思って読んでいました。「家族が異星人となっていく」ことや「母親が自分のなかで死んでゆく経験」、非常に理解しやすく、自分の言葉で語れていると感じました。 
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりって悪いこと?2人の専門家に聞くひきこもりの現在地

581号 2022/7/1

直近5年で倍増した小学生不登校背景にある生きづらさの低年齢化

567号 2021/12/1

学校再開後に強まる「元どおり」内田良氏が提言する登校以外の道

567号 2021/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…