不登校新聞

315号(2011.6.1)

少年犯罪7年連続減 警察庁まとめ

2013年06月18日 14:26 by kito-shin


 警察庁が2月に発表した「少年非行等の概要」によると、2010年中に刑法犯罪を犯した少年の検挙人員が7年連続で減少したことがわかった。前年より4436人減少し、8万5846人(4・9%減)だった。

 内訳を見ると、殺人・強盗・放火などの「凶悪犯」として検挙されたのは783人と、前年より166人減少した。97年に2000人を超えて以来、03年まで増加を続けていたがその後は減少傾向にある。そのほか、障害・恐喝などの「粗暴犯」は1ポイントほど増えているものの、「街頭犯罪」や「路上強盗」などはこの10年、減少し続けている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...