不登校新聞

315号(2011.6.1)

少年犯罪7年連続減 警察庁まとめ

2013年06月18日 14:26 by kito-shin


 警察庁が2月に発表した「少年非行等の概要」によると、2010年中に刑法犯罪を犯した少年の検挙人員が7年連続で減少したことがわかった。前年より4436人減少し、8万5846人(4・9%減)だった。

 内訳を見ると、殺人・強盗・放火などの「凶悪犯」として検挙されたのは783人と、前年より166人減少した。97年に2000人を超えて以来、03年まで増加を続けていたがその後は減少傾向にある。そのほか、障害・恐喝などの「粗暴犯」は1ポイントほど増えているものの、「街頭犯罪」や「路上強盗」などはこの10年、減少し続けている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

通信制高校の生徒数過去最多。高まるニーズの一方で懸念の声も

538号 2020/9/15

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...