不登校新聞

315号(2011.6.1)

『Fonte』知恵袋「床屋の会話」

2013年06月18日 14:34 by kito-shin


 髪がうざったいほど伸びているそこのキミ!  髪を切ると気分がスッキリするぞ。

 え? だけど床屋や美容院に行ったら何を話したらいいのか、だって。それと、こんな伸び放題の髪型で外に出るなんて怖いよ、って思ってるんだね。心配はもうしなくていい。元ひきこもりの俺がガツンと解決方法を教えてやろう。みんなついてこい!

 まず髪を切るときは、千円カットで切るのが基本だ。こういうお店に会話はない。うだうだ話をしてたら採算がとれないからな! ほとんど学割もないし年齢も聞かれない。ただし、千円カットに行く前に洗髪をしておいたほうがいい。もし髪が伸びすぎてるなら、ヘアゴムで後ろ髪で止めればよい。そういうヘアスタイルの人はけっこういるので、気にしないでOK。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...