不登校新聞

315号(2011.6.1)

『Fonte』知恵袋「登校催促の手紙」

2013年06月18日 15:09 by kito-shin


 小学1年生の冬から3年生の終わりまで、私の元には「不幸の手紙」が毎日届いた。その手紙には「明日、学校来てね」「避難訓練があるよ」などの呪いの言葉がつづられていた。そう「不幸の手紙」とは不登校の私に宛てられた「連絡プリント」だ。配達人は近所の友だち。彼は不登校の私に、毎日学校の課題と給食のパンを届けてくれた。正直キツかった。手紙を届けてくれる彼と、自分の存在が申し訳なく感じてくる。だから、クラスメートに対して「俺に学校へ行く気はないんだ!放っといてくれ!」などと言えるわけもない……。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...