不登校新聞

315号(2011.6.1)

『Fonte』知恵袋「登校催促の手紙」

2013年06月18日 15:09 by kito-shin


 小学1年生の冬から3年生の終わりまで、私の元には「不幸の手紙」が毎日届いた。その手紙には「明日、学校来てね」「避難訓練があるよ」などの呪いの言葉がつづられていた。そう「不幸の手紙」とは不登校の私に宛てられた「連絡プリント」だ。配達人は近所の友だち。彼は不登校の私に、毎日学校の課題と給食のパンを届けてくれた。正直キツかった。手紙を届けてくれる彼と、自分の存在が申し訳なく感じてくる。だから、クラスメートに対して「俺に学校へ行く気はないんだ!放っといてくれ!」などと言えるわけもない……。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...