不登校新聞

433号 2016/5/1

無実の万引を理由に高校の推薦を外すと言われ自殺した事件

2016年09月27日 14:48 by kito-shin
2016年09月27日 14:48 by kito-shin


 ゴールデンウィークは、3日「憲法記念日」、5日「子どもの日」と続く。今年は子どもにとっての平和と幸せを深く考えたい。戦争でもっとも被害を受けるのは子どもだ。71年前の世界大戦の反省から1959年「国連子どもの権利宣言」が採択された。

 子どもは、理解、寛容、友愛、平和の精神のもとに育てられるとの宣言をうけつぎ、30年後、国連で「子どもの権利条約」が成立した。争いの解決のための戦争と武力を使うことを永久にやめると宣言した憲法9条はなにより子どもにふさわしい法だ。その平和憲法が今年を境に戦争や武力を使う法に変えられていくかもしれない。

 2016年3月広島の中学3年生が、中1のときの無実の万引きの学校記録を理由に先生から高校の推薦を外すと言われ、自殺した事件があった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校・ひきこもり 相談先・親の会一覧

591号 2022/12/1

『不登校新聞』のおすすめ

591号 2022/12/1

編集後記

591号 2022/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…