不登校新聞

433号 2016/5/1

当事者手記 フラッシュバックで働けず、今でも無念です

2016年05月15日 11:10 by kito-shin


 僕は22歳のときに、通っていたフリースクールのプログラムで職業体験をしました。ハウスクリーニングの会社でした。会社の人は僕にやさしく作業を教えてくれました。僕自身も、「ここで働けたらいいなあ」と思っていました。
 
 職業体験が終わった後、会社の人は「もうちょっとがんばればここで働けるよ」と言ってくれました。その言葉がうれしく、もっとがんばりたいと思ってその会社に再体験を申し込みました。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...