不登校新聞

433号 2016/5/1

完璧じゃないと働けない? ひきこもり時給2000円

2016年04月28日 16:37 by kito-shin


連載「ひきこもり時給2000円」vol.27


 もう昨年の11月のことですが、講演会講師のお仕事で鳥取まで行ってきました。関東近県の講演会やイベントに呼んでいただくことはたまにあるのですが、これだけ遠いところからお招きいただいたのは、僕も初めてです。え、遠くてたいへんか? いえ、ぜんぜんまったく。遠くに行けるのはうれしいし、仕事ついでに旅行をしてしまうので、「むしろラッキー」ぐらいに思っています。そういう用事でもないとなかなか行かないしね。
 
 鳥取での講演会は、来場者は60人ぐらい。来場者はやはり親御さんが多くて、あとは行政関係者の方も。はじめての土地なので緊張はありましたが、人前で話すのは慣れているし、スタッフのみなさんも気さくな方ばかりだったので、そこまで硬くはならなかったです。
 
 さて、大勢の前で自分の経験を話したり、あるいはこうやって文章を書いたりしているせいかもしれませんが、どうも、「岡本=できる人」みたく思われているみたいです。実際以上に「立派な人」と思われている節がある。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「答え」は「どこか」でなく「ここ」にある ひきこもり時給2000円最終回

448号 2016/12/15

今だから話せるコト~一番つらい時期になぜ死にたくなったのか ひきこもり時給2000円

447号 2016/12/1

母に直接聞いてみた~僕がひきこもっているときに何を考えてた?

446号 2016/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...