「自分のことは理解されない」と思い、ひきこもっていた時期が4年間あります。
 
 原因はおもに人間関係でした。友人や同級生から「死ね」「来るな」などと言われ、自分の行動はいつもおもしろがられていました。友人はみんな仲のいい友人でした。なので、仲が親しくなるほど、またいじられたり、「死ね」と言われるのではないかと、他人の内心がわからず、とても怖い日々が続きました。先生は自分がいじられていたことに対して、何も言わず、相談しても何も対処してくれませんでした。そんなことが重なり、学校に自分が行かなければ、みんなの機嫌を悪くさせないのでは、不幸にさせないのではと思うようになり、学校へ行かなくなり、外にも出なくなりました。

 ひきこもっているあいだに思っていたことは2つあります。 『自分の存在ってなんだろう』ということ。自分が存在する理由がわからなくなっていたんです。そしてもう一つは『家からも逃げ出したい』という思いです。自分が「家から逃げ出したい」と思ったときに行った場所は「カラオケ」「レンタルビデオショップ」「図書館」、そして「押入れ」です。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。