不登校新聞

317号(2011.7.1)

子どもインタビュー「私にとっての居場所」

2013年08月19日 12:24 by kito-shin
2013年08月19日 12:24 by kito-shin
 「NPO法人たまりば」。神奈川県川崎を拠点にしたこの居場所が20周年を迎える。たまりばが運営する居場所「えん」に通っている人はどのように感じているのだろうか。

"頼っていいんだよ”の一言に感動


――「えん」に来たのはいつからですか?
 2~3年前です。高校2年生の1学期半ばから、ほとんど学校に行かなくなり、その後、10カ月ほどはどこにも行く場所がありませんでした。どこにも行かなかったころ、親に連れられて渋々行ったのが「たまりば」の講演会です。講演会後に西やん(代表・西野博之)と個別相談の時間があり、自分は「学校に居場所がない」と言い、西やんが「新しい居場所になるかもよ」と言ってくれたのがきっかけでした。ただ、それは純粋に「えん」に来たかった、西やんの言うことに惹かれた、というより、「どこか学校の代わりをみつけなければ自分が変わらない」という思いと、親が心配する視線を焦りに感じていたからこそだとは思います。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【全文公開】小中高すべてで不登校した私が高認に合格するまでの10年間

590号 2022/11/15

「他人にどう思われるかは考えなくていい」不登校の僕に刺さったアドラーの教え

590号 2022/11/15

人の目が怖くて不登校した僕が、路上マジックで成功した理由

589号 2022/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…