不登校新聞

317号(2011.7.1)

子どもインタビュー「私にとっての居場所」

2013年08月19日 12:24 by kito-shin
 「NPO法人たまりば」。神奈川県川崎を拠点にしたこの居場所が20周年を迎える。たまりばが運営する居場所「えん」に通っている人はどのように感じているのだろうか。

"頼っていいんだよ”の一言に感動


――「えん」に来たのはいつからですか?
 2~3年前です。高校2年生の1学期半ばから、ほとんど学校に行かなくなり、その後、10カ月ほどはどこにも行く場所がありませんでした。どこにも行かなかったころ、親に連れられて渋々行ったのが「たまりば」の講演会です。講演会後に西やん(代表・西野博之)と個別相談の時間があり、自分は「学校に居場所がない」と言い、西やんが「新しい居場所になるかもよ」と言ってくれたのがきっかけでした。ただ、それは純粋に「えん」に来たかった、西やんの言うことに惹かれた、というより、「どこか学校の代わりをみつけなければ自分が変わらない」という思いと、親が心配する視線を焦りに感じていたからこそだとは思います。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

実際に通った生徒3名が語る「通信制高校」の体験談

571号 2022/2/1

地元の同級生から逃げ続けていた私が成人式に出席して感じたこと

569号 2022/1/1

「お約束の展開」とはちがう、ひきこもり男性の話

569号 2022/1/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

571号 2022/2/1

「不登校の子を持つ、親御さんの味方でありたい」と語る土橋優平さん(NPO法...

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...