不登校新聞

434号 2016/5/15

ひといき 多田耕史

2016年05月12日 18:59 by kito-shin


ひといき:編集後記

 今夜は焼肉でも食おうと思って、自宅近所にある焼肉屋へと向かったら、土曜の夜なのにシャッターが閉まっていてガックリ。つぶれちゃったのか。美味しかったのに。

 仕方なく、その向かいにある新しくできた中華料理屋に入った。レバニラ、エビチリ、唐揚げ、マーボー豆腐と手あたり次第に注文。運ばれてきた量を見てビックリ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校調査50年、日本社会は 不登校の歴史vol.523

523号 2020/2/1

かがり火

523号 2020/2/1

ひといき【編集後記】

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...