不登校新聞

434号 2016/5/15

かがり火 森英俊

2016年05月12日 19:04 by kito-shin


 熊本を中心として甚大な被害を伴う大地震が起こった。被災された方や家族を亡くされた方々には心よりお見舞い申し上げたい。

 有名な熊本城は屋根瓦や石垣が崩壊。再建には、約10年かかるとも20億円の費用が必要とも言われている。人の心の回復にもそのくらいの時間や費用が必要なのかもしれない。熊本県は地域医療や経済面でも大きな危機に立たされており、子どもたちをめぐる教育環境も計り知れない影響を受けている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

外出せずに散髪するには?【訪問美容という選択肢】

468号 2017/10/15

18歳、今の今がどん底です。生き延び続けるための支えは

468号 2017/10/15

【新刊出来】いま大注目の「ひきこもり女子会」に迫る

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...