不登校新聞

434号 2016/5/15

身の回りにある“寛容さ”が減りすぎている ひきこもり時給2000円

2016年05月12日 23:35 by kito-shin


連載「ひきこもり時給2000円」vol.28


 「まあ、食べてみて甘かったらあんまん、そうじゃなかったら肉まんね」
 
 僕が中華まんを買うと、お店のおじさんはいつも決まってこう返してくる。僕はこのやりとりが好きで、中華まんが欲しいときは、すこし距離の離れたデイリーヤマザキまで歩く。もっと近いところに、セブンイレブンやローソンのお店だってあるのだけれど、どうもヤマザキのほうが好きなのだ。だってこのやりとり、ここのお店じゃないとできないんだもの。セブンやローソンだと、何かがちがうんだよね。
 
 肉まんをレジ袋に詰めてくれるおじさん(この人がオーナー)といっしょに、「甘かったらあんまん、そうじゃなかったら肉まんね」をハモる。ふたりで笑う。オーナーの奥さんもご主人とまったく同じことを言う。僕は思わずほっこりしてしまう。でも、お店のほかの従業員さんはこれを言ってくれない。だから、レジにおじさんもおばさんもいなかったときには、少しがっかりしてしまう。お店に行ったけれど、何も買わずに帰ってくることもある。ほかの従業員さんもあれをやってくれればいいのにね。まあ、それを口に出して言ってみたことは、まだ一度もないんだけれど。
 

みんなとちがう、それで不安に

 
 たぶん、こういうやりとりって、セブンイレブンやローソンじゃできないんじゃないかな。やるならデイリーヤマザキとかミニストップあたり。いや、きっとやっても良いんだろうけど、「やったら怒られるんじゃないかな」みたいな空気が浮かんでいる。それはたぶん、客ではなく店員さんのほうに。窮屈な世の中だ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「答え」は「どこか」でなく「ここ」にある ひきこもり時給2000円最終回

448号 2016/12/15

今だから話せるコト~一番つらい時期になぜ死にたくなったのか ひきこもり時給2000円

447号 2016/12/1

母に直接聞いてみた~僕がひきこもっているときに何を考えてた?

446号 2016/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...