不登校新聞

434号 2016/5/15

「もうダメだ」から親子で脱出するコツ 書籍紹介

2016年05月16日 12:04 by koguma


 前号で「ふつう」がいいという風潮に警鐘を鳴らす書籍を紹介したので、今号はそんな「ふつう」ではない生き方を実践している方の書籍を紹介します。
 
 僕はいわゆる「真っ当」な生き方から逃げて楽になった――。そう語る著者のphaさんは、京都大学を卒業してサラリーマンになったもののニートとなり、現在も定職を持たない生き方をしています。事実、年収はインターネットでの広告や原稿執筆などで得た100万円程度。シェアハウスで暮らし、家具などはインターネットで無料の中古品を募るとか。
 
 「でも、京大出てるじゃん」って思いながら読み始めたんですが、途中で気づきました。本物かもしれないって。生きる活力というか、みなぎるエネルギーというか、そういった社会的にヨシとされるものをほとんど持っていない"脱力系”の人柄が伝わります。
 
 とはいえ、著者の指摘はじつにわかりやすい。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校調査50年、日本社会は 不登校の歴史vol.523

523号 2020/2/1

かがり火

523号 2020/2/1

ひといき【編集後記】

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...