不登校新聞

318号(2011.7.15)

福島の親子に夏キャンプを

2013年06月18日 17:19 by kito-shin
2013年06月18日 17:19 by kito-shin
 7月30日~8月11日、兵庫県にて、「明石で遊ぼう! たこ焼きキャンプ」が開催される。
 
 今回の企画のため、「福島の子どもを招きたい! 明石プロジェクト」が発足。代表はオルタナティブスクール「ラミ中学校」の元スタッフで、現在は「スロースペース・ラミ」の主催者である小野洋さんが務めている。

福島の子どもに安心できる遊びを


 3月11日の東日本大震災にともなう原発事故の影響で、福島県では多くの子どもたちが屋外での活動を制限されている状況がある。
 
 今回はその子どもたちに「夏休みのひとときでも、放射能汚染の不安のない環境でのんびり遊んでほしい」という思いから始まった。
 
 おもな企画は兵庫県内にある施設でのキャンプだ。福島県内の乳幼児や小中学生とその保護者を対象に招き、飯ごう炊さんやカヌー体験などを行なう予定。
 
 なお、今回のキャンプの費用は大部分を募金でまかなうため、主催側では多くの協力を求めている。キャンプの内容については上記を、募金については左記を参照のうえ、お問い合せを。

■明石で遊ぼう!たこ焼きキャンプ
日 時 7月30日(土)~8月11日(木)
会 場 明石公園内・兵庫県高等学校
    野外活動センターあさぎり寮
対 象 福島県の乳幼児・小中学生と
    その保護者
主 催 福島の子どもを招きたい!
    明石プロジェクト
連絡先 090-9871-1419(小野)
    takocamp(アットマーク)gmail.com

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…