不登校新聞

435号 2016/6/1

なんで居場所に行かないの? 不登校の子に合う場を見つけるコツ

2016年05月27日 15:44 by shiko


 不登校とセットで検索される単語と言えば「居場所」です。「不登校+居場所」でネット検索される方が多いんです。
 
 たしかに親の方から「学校には行かなくても居場所には行ってほしい」という話をよく聞きます。ある方は居場所にさえ通えば「生活リズムや勉強の心配もいらなくなる」「新しい友だちと出会って笑顔が戻るかもしれない」とも言ってました。私も中学2年生から不登校、本紙でも15年間取材をしてきましたが、いきなり家の外に飛び出していく人はそう多くありません。ただし、それでも「子どもの居場所を探したい」と思う方にお伝えしたい「居場所探しのコツ」は「本人の居場所を狭めないこと」です。大事なことは「広げる」ことよりも「狭めない」ことです。
 
 人には居場所を広げていく習性があると思っています。私の場合、残念ながら学校と実家は居場所ではありませんでした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

困った子? 困っている子? 親の見方で変わる子どものその後

466号 2017/9/15

不登校で焦る息子を救った父の一言

464号 2017/8/15

不登校から見た通信制大学のメリット・デメリット

464号 2017/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...