不登校新聞

435号 2016/6/1

子どもの話を遮ってはいけないワケ 書籍紹介

2016年05月27日 12:22 by koguma


 不登校した子どもたちはどんな気持ちだったのか。その後にどんな人生を歩んでいるのか。そんな不登校とその後を追った1冊です。サラリーマン、二級建築士、学生など、8人の不登校経験者が登場します。
 
 刊行されたのは2001年。15年も前ですし、登場する人たちが不登校していたころとなると、場合によっては30年近くも昔の話になるわけです。それだと今読んでもちょっと…と思われるかもしれませんが、大丈夫です。「頭痛や吐き気などの体調不良が続いた」「病院に行っても自律神経失調症としか診断されない」「クラスメートからの手紙がつらい」「こんな私が生きているなんて申し訳ないと思う」などなど、子どもの気持ちや抱えるつらさに大きなちがいはないと感じました。その最たる一例を挙げます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ほっとスクール希望丘 不登校の歴史vol.527

527号 2020/4/1

ひといき

527号 2020/4/1

かがり火

527号 2020/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。