今日、会った人は「『親といっしょなら学校に行ける』とお子さんが言ってるので」と学校から言われ、毎朝、同伴登校をしてきたという。

 しかし、同伴登校後、一人になった子どもの居る場はない。本人は教室が怖くて入れず、保健室も先生が怖くていられない。相談室も「先生がいないと使ってはいけない」と言われる。しかたなく子どもは校内をウロウロし、多くの時間は階段と踊り場ですごした。先生が持ってきたプリントも踊り場でやったそうだ。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。