不登校新聞

302号(2010.11.15)

“精神医学”テーマに連続講座

2013年06月20日 16:10 by shiko

11月7日からスタート


 11月17日、神奈川県川崎市にて、連続講座「こども・青年にかかわる人に必要な精神医学の基礎」が行なわれる。主催はNPO法人「フリースペースたまりば」。

 昨今、うつやPTSDなど、精神医学に関する用語は専門機関にかぎらず、広く一般的にも用いられるようになってきた。そうしたなか、「たまりば」では精神医学の基礎を学ぶ連続講座を8回にわたって行なう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

571号 2022/2/1

「不登校の子を持つ、親御さんの味方でありたい」と語る土橋優平さん(NPO法...

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...