不登校新聞

435号 2016/6/1

生活の乱れや昼夜逆転はどうする? 親のための不登校Q&A

2024年03月25日 15:29 by kito-shin
2024年03月25日 15:29 by kito-shin

連載「親のための不登校Q&A」vol.2

 

 深夜まで起きる、朝方になって寝るなどの「昼夜逆転」は、親の会でもかならず出てくる質問です。「昼夜逆転はしてないんですけど……」と言われるとかえってびっくりするくらいです。
 
 わが家の場合もそうでした。長男も次男も、まだ学校に行ったり行かなかったりしていたころは、夜がどんどん遅くなって、朝がなかなか起きられないということが続きました。長男のときは、夜中に「いつまで起きてるの!」と部屋に怒鳴り込んだり、怒って起こしたりしていました。そのうち、ほぼ学校にも行かなくなり、私が「おはよう」と息子に声をかけると、息子は「おやすみ」というような、昼夜が完全に逆転した生活もありました。寝る時間が数時間ずつ遅くなり、たまにふつうの生活リズムに戻ることもありましたが……。
 
 心配になって、不登校の子を育てられてきた先輩たちに相談しました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「僕には何もない」大学卒業を控えて焦る不登校経験者に専門家がかけた言葉

593号 2023/1/1

不登校校経験者が答えた親がすべきこと、してはダメなこと

523号 2020/2/1

子どもの摂食障害 背景にある苦悩への思いやりを

190号(2006.3.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

622号 2024/3/15

「中学校は私にとって戦場でした」と語るのは、作家・森絵都さん。10代に向けた小…