不登校新聞

435号 2016/6/1

生活の乱れや昼夜逆転はどうする? 親のための不登校Q&A

2017年05月22日 12:15 by kito-shin


連載「親のための不登校Q&A」vol.2


 深夜まで起きる、朝方になって寝るなどの「昼夜逆転」は、親の会でもかならず出てくる質問です。「昼夜逆転はしてないんですけど……」と言われるとかえってびっくりするくらいです。
 
 わが家の場合もそうでした。長男も次男も、まだ学校に行ったり行かなかったりしていたころは、夜がどんどん遅くなって、朝がなかなか起きられないということが続きました。長男のときは、夜中に「いつまで起きてるの!」と部屋に怒鳴り込んだり、怒って起こしたりしていました。そのうち、ほぼ学校にも行かなくなり、私が「おはよう」と息子に声をかけると、息子は「おやすみ」というような、昼夜が完全に逆転した生活もありました。寝る時間が数時間ずつ遅くなり、たまにふつうの生活リズムに戻ることもありましたが……。
 
 心配になって、不登校の子を育てられてきた先輩たちに相談しました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもを傷つける不登校対応の2大タブーとは

468号 2017/10/15

困った子? 困っている子? 親の見方で変わる子どものその後

466号 2017/9/15

不登校で焦る息子を救った父の一言

464号 2017/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...