不登校新聞

435号 2016/6/1

不登校の将来は? 100人分の「その後」公開中

2016年05月27日 15:42 by shiko



 不登校100人の進路を聞いた「東京シューレOB・OG100人インタビュー」がWEB上の特設サイト「シューレで育ったOB・OGたち」に公開されている。
 
 インタビューに応えているのは現在、会社員、主婦、学生、ひきこもり、派遣社員、教職員、福祉施設職員、NPOスタッフ、経営者(飲食店/不動産など)、作家、デザイナー、システムエンジニアなどをしている者。年齢も10代から40代まで、東京シューレの所属期間も数年から10年以上と幅が広い。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「入学式は行く」と決意したのに、まったく行けなかった私の不登校

527号 2020/4/1

「つらい仕事のイメージを変えたい」不登校で学んだ自己決定を支えに

527号 2020/4/1

学級委員だった僕が不登校になったのは「宿題が終わらない」でした

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。