不登校新聞

435号 2016/6/1

不登校の将来は? 100人分の「その後」公開中

2016年05月27日 15:42 by shiko



 不登校100人の進路を聞いた「東京シューレOB・OG100人インタビュー」がWEB上の特設サイト「シューレで育ったOB・OGたち」に公開されている。
 
 インタビューに応えているのは現在、会社員、主婦、学生、ひきこもり、派遣社員、教職員、福祉施設職員、NPOスタッフ、経営者(飲食店/不動産など)、作家、デザイナー、システムエンジニアなどをしている者。年齢も10代から40代まで、東京シューレの所属期間も数年から10年以上と幅が広い。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【世界一受けたい授業出演特集】不登校から東大、リクルートへ ありがたかった母の対応

552号 2021/4/15

小6の私の心に突き刺さったのは、担任からの思いがけない言葉

552号 2021/4/15

他人の目を恐れてた中学生の自分に28歳になった今伝えたいこと

552号 2021/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...