不登校新聞

302号(2010.11.15)

もっと不安のない社会を

2013年06月20日 16:20 by shiko


 「Fonte」300号、おめでとうございます。300号では3人の不登校当事者・経験者のインタビューがたいへんよかったです。

 浪波碧さんが、まったくひどい「ところ」から逃げたこと、奈良、京都、佐賀、アラスカへの旅行へ行かれたこと、そういったお話が心に残りました。

 鬼頭信さんの「殺伐としたものが潜んでいると感じた」、「子どもから大人になれなかった……、自分はダメだなあ」は、私の好きな言葉でした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...