不登校新聞

302号(2010.11.15)

“不登校が発達障害の二次障害として” 第51回日本児童青年精神医学会

2013年06月20日 16:32 by shiko

総会が行われた会場

 第51回日本児童青年精神医学会総会が、今年は群馬県前橋市で10月28日~30日の3日間開催された(主催・日本児童青年精神医学)。今年の学会総会はテーマを「児童青年精神医学の期待される新たな展開:リエゾン(連携)とレジリエンス(復元力)」。医学会内外の教育界や他機関との連携、また脳科学の進展による生命体の復元力情報などを視野に入れたテーマ設定だった。三国雅彦会長(群馬大)のもと、3日間で1150名の参加があり、活発な発表や議論が行なわれた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』らが共同メッセージ発信 「9月1日」の子どもの自殺に向けて【公開】

465号 2017/9/1

行政からも求められる「不登校の中間支援組織」 千葉で新たに設立

465号 2017/9/1

小中高生の自殺 原因は「学校」10年連続トップ

457号 2017/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...