不登校新聞

302号(2010.11.15)

不登校の歴史 第302回

2013年06月20日 16:39 by shiko


7割以上が障がいの子と


 『フリースクール白書』には、フリースクールや居場所のあり方・運営の仕方がどうなっているのか、03年の調査結果がくわしく示されている。現在、そのごく一部を紹介している。

◆意思決定
 人事や財政については団体代表や経営者が6~7割、子どものルールやイベントは子ども7割、スタッフ7割と出ている。スタッフも関わりながら子どもの主体性を尊重しつつ場を進めているようすがうかがえた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...