不登校新聞

314号(2011.5.15)

かがり火

2013年08月05日 14:46 by kito-shin
2013年08月05日 14:46 by kito-shin


 明日からゴールデンウィークという日に少年鑑別所に収容されて家庭裁判所の審判を待つ15歳の少年の附添人を引き受けた。審判は連休明けの日。私の連休は毎日彼と面接し、父母とも面接し、彼の気持ちを考えることに費やされた。

 彼は不登校で2年半ほど家庭ですごしていたが、親への家庭内暴力が始まり、中卒後の4月初め、家庭内で事件が起こり逮捕された。父母は愛情深く、不登校の彼の将来を心配し悩んだ。彼は学校の表面的に合わせるだけの人間関係も指導も肌に合わず、家庭ですごす気持ちを家族がわかってくれない葛藤を語っていた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。小学…